人気ブログランキング | 話題のタグを見る

時雨の系譜

 貞享四年(一六八七)十月十二日は芭蕉が『笈の小文』の旅に出た日(但し、今栄蔵『芭蕉年譜大成』は二十五日発)。その七年後、つまり元禄七年(一六九四)の同日に大坂で没す。その命日を時雨忌という。時雨は初冬の通り雨。むろん旧暦の季感で、今年は十一月二十八日(土)がその日に当たることを、この日の東京新聞の「筆洗」で知った。その末尾は、〈さて今、日本経済の屋根を激しくたたく、この冷たい雨の雨音を聞く。できるなら、さっさと「過ぐる」時雨であってほしいのだが〉と結ぶ。古くは涙に見立てられたこの時雨、やがて世の無常を説く言葉となってゆく歴史を持つ。

〔時雨〕
神無月ふりみふらずみ定めなき時雨ぞ冬のはじめなりける(不知・後撰・冬)

 雪は檜皮葺いとめでたし。すこし消えがたになりぬるほど。まだいと多うも降らぬが、瓦の目毎に入りて、黒う丸に見えたる、いとをかし。
 時雨、霰は板屋。
 霜も板屋、庭。(清少納言・枕草子〈三巻本、新潮日本古典集成は233段〉)

世にふるは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる初時雨かな(讃岐・新古今・冬)

   応仁の比、よのみだれ侍るに、あづまに下りてつかうまつりける
雲はなを定めある世のしぐれかな(心敬・新撰菟玖波)

   其比信濃にて
世にふるは更に時雨の舎り哉(宗祇・萱草)

   手づから雨のわび笠をはりて
世にふるもさらに宗祇のやどり哉(芭蕉・虚栗)真蹟懐紙・蕉翁句集草稿・真蹟短冊・ゆきまるげ

   神無月の初、空定めなきけしき、身は風葉の行末なき心地して
旅人と我名よばれん初しぐれ(芭蕉・笈の小文)続虚栗・泊船集・三冊子・真蹟色紙・真蹟画賛

宿かりて名を名乗らするしぐれ哉(芭蕉・真蹟懐紙)

しぐるゝや我も古人の夜に似たる(蕪村・句集)

世にふるはさらに芭蕉の時雨かな(士朗・士朗叟発句集・枇杷園句集・題叢)

   宗祇のしぐれ、芭蕉の宗祇、青流の剃髪
世にふるもさらに祇空のやどり宿りかな (淡々・みかへり松)

   自 嘲
うしろすがたのしぐれてゆくか(山頭火・行乞記)
by bashomeeting | 2009-11-30 11:50 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting