人気ブログランキング | 話題のタグを見る

追憶の誤謬◆昭和との再会

 久しぶりに『文芸春秋』(7月号)を買った。電車で読むものがないことに気づいたことと、〈井上ひさし「絶筆ノート」全文掲載)という広告を目にしたからだ。そこに藤原正彦氏の〈一学究の救国論「日本国民に告ぐ」)と、江刺昭子氏を司会に長崎暢子・大口勇次郎・北原敦各氏による〈「聖少女」樺美智子の青春と死)、すなわち〈安保50年5時間大座談会)という企画も収められていた。井上さんの最期は痛々しくもサラリとした印象。また、著者みずからナポレオン占領下で「ドイツ国民に告ぐ」という講演をしたドイツの哲学者〈フィヒテのひそみに倣い)という、藤原氏の救国論は〈独立自尊のために戦争は不可欠だった)という立場に立つが、対象とする歴史の幅の狭さを感じさせる点が惜しい。一方、〈聖少女)座談会からは〈岸総理を退陣させた伝説の女子学生の素顔)と呼べるものまでは読み取れなかった。

 茶飲み話に、こんな話をしたら、Qが『新潮45』(7月号)は〈特集「田中角栄」待望論)を編んでいると差し出した。この雑誌がまだ続いていたのかという驚きと懐旧から、これも読了。新潟日報社常務取締役である小田敏三氏の〈心持ちはいつも「村の長」)が一番おもしろかった。亀岡高夫氏の文章からは〈追憶の誤謬)という言葉を学んだ。年をとって、俺の時が一番だったと思い込むこと、つまり若者の台頭を認めない情況をこう呼ぶのだそうだ。野坂昭如さんが近況を連載していたことも嬉しかった。

〔フィヒテ〕 ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte)。 1762年~1814年。カントからヘーゲルにつながる哲学者(ドイツ観念論)。イギリス以外のヨーロッパを征服したナポレオン1世占領下のベルリンで、十四回にわたる講演「ドイツ国民に告ぐ」を行ない、国民教育論を展開したことで知られる。

〔ドイツ観念論〕 カントに始まり、フィヒテ・シェリングを経てヘーゲルにつながる理想主義。自然よりも精神を優越的地位に置き、人間を含むこの世界を神(絶対者)と呼ばれる観念的原理の展開として把握しようとする。
by bashomeeting | 2010-07-10 14:51 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting