人気ブログランキング | 話題のタグを見る

能因島の石◆象潟スクーリング始末(4)

9月10日(金)
 前泊の蕉風荘の夕食は、一尾の小鯛がつく贅沢なもので、粗食が趣味のボクには似合わなかった。ひとりの夕食には似合わないほど立派であった。地元のお酒をいただいて眠る。

9月11日(土)
 お昼時も土砂降りが予想されたので、公民館のすすめに従って、仕出し弁当を頼んだ。箸袋には「エプロン」というお店の名前が書かれていた。
 夕食はどうするという話になる。ほとんどが旅館に予約していない様子だった。知らない町なので、一緒にとりたいという人が多かった。でもどこにどんな店があるやら不案内。結局、蕉風荘に交渉して、そのレストランにお世話になる。少し高めのラーメン程度の予算でお願いしたのに、また全員に昨晩と同じ小鯛がついた。これでは赤字だろうと恐れ入ると、女将はボクに昨夜と同じで申し訳ないと恐縮していた。受講生以外に、飛び入り参加の学生が四名加って楽しかった。

9月12日(日)
 この日はどうにか晴れ間がみえて、『おくのほそ道』象潟散歩はこのタイミングしかないと思われた。それで、昼食は各自勝手にとることに。象潟散歩には、夜行バスで卒業生がひとり加った。
 二日目の夕食は毎年懇親会を予定していて、場所は狐森神社を下ったところにある「はまやま」(狐森103-2)というお店。これも蕉風荘さんが教えてくれたお店。なんと、また小鯛が並んだ。

9月13日(月)
 月曜はエプロン定休日と聞いて困っていたら、ラーメンの出前ならあるという。昼食はラーメンにした。「中国酒菜 珍満」という店だった。旅に出たら、かならずその町のラーメンを食べる、ラーメンには地方色がいっぱいだと、誰かが言った。そうかもしれないと思った。
Commented by 畠山 広 at 2010-09-29 20:57 x
 谷地先生、こんばんは。象潟スクーリングでは大変ありがとうございました。今回の地方スクーリングがなければ象潟に赴くことはなかったでしょう。スクーリングでの先生の興味深い講義や、参加されたみなさんとの交流は、楽しく有意義な時間として大切な思い出となりました。10月31日の試験に向けて勉強中です。芭蕉と僧侶の関係について、西行をからめ考察してみたいと思っております。
Commented by 海紅 at 2010-09-30 06:35 x
折々のお便り感謝。みなさんの学習意欲に頭がさがります。象潟はボクにとっても有益な三日間でした。父祖の地を訪ねたかのような気持ちになりました。
Commented by 田中 at 2010-09-30 22:05 x
谷池先生、こんばんは。象潟スクーリングおよび、その後の御教授ありがとうございました。大変勉強になりました。象潟で先生の講義を聴き、参加されたみなさんと語ることでますます芭蕉が好きになりました。畠山さんによい刺激をいただき、筆記試験の勉強に励みます。
Commented by bashomeeting at 2010-10-01 14:43
象潟スクーリング始末はもう少し続く予定です。どうぞ参考になさってください。
Commented by 畠山 広 at 2010-10-01 21:35 x
先生、今ニュースで見たのですが「幻住庵記」の芭蕉自筆草稿が初公開されるそうですね!奇跡のようなこの機会、ぜひ見てみたいです!
東洋通信10月号の随想、拝見しました。目から鱗でした。芭蕉は愛すべきロマンチストであり、ある意味、我々の想像を超えるしたたかさをも持ち合わせていたのかもしれません。
Commented by 小泉 at 2010-10-02 12:25 x
先日の象潟でのスクーリングでは、誠にありがとうございました。
谷地先生の芭蕉の講義を受けて、これまでの俳句に対する
考えが変わりました。

また、皆さんとまるで合宿しているような楽しさを味わえて
思い出に残るひと時を過ごせたことに感謝しております。

来年に前半の講義を受けますので、よろしくお願い致します。
Commented by bashomeeting at 2010-10-02 23:58
雨も降ったけれど、それも含めてよい三日間でしたよネ。だまされた気になって、俳句も始めて下さいナ。
by bashomeeting | 2010-09-28 07:26 | Comments(7)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting