人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夏炉冬扇と俳号と

 芭蕉会議の会員掲示板で、「月子」さんと「さら」さんが、その俳号についてやりとりしている。西安の月を眺めた月子さんが〈どうも月子になってから名前負けするように思っています〉と言えば、重慶で月を眺めたことのあるさらさんから〈月は「月子」さんの願いを誰よりもよく叶えてくれるでしょう〉などとやさしい。「さら」には太陽の意味があるということなども初めて知った。
 ところで、私の俳号である海紅は紅花先生の命名である。「海」は私の郷里「北海道」の一字で、「紅」は先生の俳号の一字である。友人の紅魚さんは金魚を好きで飼っていたことから、やはり紅花先生が名付けた。海紅という名をいただいた感想は、率直に言って、ずいぶん簡単につくものだなあという思いであった。それが不満な表情に見えたのであろうか、人前で私を紹介するときの紅花先生はいつも〈この男は俳号をもらったことを感謝しない。付けられたなどというのです…〉と笑っていた。これは先生の照れによる振る舞いで、むろん私にそんな気持ちはなかった。
 先生は、俳句は夏炉冬扇の世界だから、その世界だけの名前を持った方がよいと言っていた。それで、たくさんの人に俳号を与えた。命名するまでの時間はアットいう間のことで、まことに早かった。だから、「かわうそ」「せつな」「鮒」「琴湖」「貝」「蛇尾」「妓生」など意外性に富んだ名が少なくない。自分自身ではなかなか思いつかない名前であろう。〈俳号はなんだっていいんだヨ。虚子とか素十とか、イイ句を残したからイイ俳号に見えるのさ。一にも二にもよい句を詠むことだ…〉とも言っていた。
 ちょっと話は飛ぶようだが、東京新聞九月二十七日(月)の投書欄に「名前に込められた思い」という題で、東京都港区の中学生、柴田みなもさん(十三歳)の投稿があって、故井本農一先生三兄弟の名前が引用されていた。以下に紹介する。

         ************************************
   「みなも」が私の名前だ。自分でも思うほど珍しい名前である。付けたのは父。父は、「水の水面のように美しく、物事をきれいに映すような素直な子になってほしい」という思いから、付けたという。
  国文学者の井本農一さんも、三人兄弟そろって珍しい名前である。長男は農一さんで、二男は工次さん、三男は商三さんだ。三人そろって「農工商」だが、農一さんは文学へ、工次さんは農業へ、商三さんは工業の道に進んだそうだ。
 最近では「光宙」で「ピカチュウ」、「涼介」で「くうるがい」と言ったような珍しい名前が増えているそうだ。私もいつか子どもができたら、その子の一生の宝になるような、すてきな名前を付けてあげたい。(柴田みなも・東京新聞)

         ************************************
 井本兄弟の名に「士農工商」の「士」だけを外したという話は、農一先生の随筆でよく知られた逸話で、有名な話だが、現代「ピカチュウ」や「くうるがい」という名前が増えているという話には驚いた。もしかしたら、実社会そのものが夏炉冬扇の様相を呈しはじめているのかもしれない。
by bashomeeting | 2010-10-30 17:56 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting