人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大江ひさこ 個人詩誌『黒マント』終刊号

   私は黒い傘を差して
   マスクで顔をかくし軍手をはめて外へでる
   子ガラスの後ろへ忍び寄り
   一度で掴まなくては
   むんずと掴む
   む
   この子は生きられると思う

              ―「カラスのみどり」の一節(『黒マント』終刊号所収)―

  大江ひさこさんの個人詩誌『黒マント』が13号を以て終刊になる。先日、その刊記「2011年1月1日」を迎える前に恵与される幸運を得た。この詩はその巻頭作品の抄出。2004年から俳句の座で親しくしてもらった御褒美のようなものであろう。
  大江さんの詩は文字通り詩だが、文章もまた詩である。詩は鼓動であり、脈搏であるという意味で、彼女の文章は詩そのものと言ってよい。
  しかし、いうまでもなく俳句は十七音の拍動しかないので、大江さんの鼓動を伝えきれないこともある。しかし、彼女にはそのもどかしさを愉しんでいるふしがある。つまり、アグレッシブなのである。どこまでもアグレッシブな人の詩誌の終刊号だから、言いかえれば、終わりは始まりのような人だから、次になにか来るか愉しみに待っていればよいのであろう。
by bashomeeting | 2010-11-29 11:19 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting