人気ブログランキング |

海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。

新方丈記13◆『写真で歩く奥の細道』を編んで、自選について思う

 白楽天も西行も、自分で自分の記念館を建設したりはしなかった。資金がなかったからではない。狂言綺語(文学作品)に仏道経典に匹敵する価値を認めて、作品そのものの存在理由を疑わなかったからだ。この点は芭蕉・蕪村・一茶も同じであろう。
 文人にとっては、昔から作品がすべてである。作品のほかに遺すべきものは何もない。さらに言えば、その作品の優劣もつまるところ世間が、歴史が決めることがらである。文人の仕事は、自分の作品を世間にゆだねるために、どこまでも厳選を志すことなのだ。
by bashomeeting | 2011-04-07 22:20 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting