人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新方丈記16◆As it is―原子力発電所の廃止を

 このごろの「自然」ということばは、人の手を加えない自然界(山川草木や海)のようなNatural worldに限定されて、人間を含めないことが多い。しかし、その場合、人間はどこにいるのか。Natural worldが人智を超えた時空であるなら、人間の存在も山川草木同様に、人間のいとなみによって自由にはできない生き物ではないのか。人間も「自然」そのものではないのか。
 「自然」はまた「ありのまま」の状態、つまりThe state as it isを意味するとも教えられた。つまり、大震災の前も後も、桜の蕾のころも落花のころも、等しく「自然」であり「ありのまま」であり、As it isなのである。
 とすれば、復興とか再生ということばで過去に戻る道筋は捨て、人間を含めた「ありのまま」を、あらたに創造し、建設するプロセスを歩むことが、いま生きて悲歎にくれている人生を肯定する唯一の道であるように思う。そのためにまず、人智の愚かさを露呈した原子力発電の廃止宣言が不可欠であることは言うまでもない。
 ……人よ、跡始末のできないことをしてはならぬ。


  蝌蚪生れ大学生も新学期  素十
by bashomeeting | 2011-04-30 12:22 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting