人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新方丈記17◆脱原発デモ

 現役教師をとうに定年退職したK女史が、用件を伝える手紙の末尾に、「年老いた親族の世話や、町から託された仕事で忙しくしているが、脱原発のデモには万難を排して出たい」と添え書きしていた。
 ボクはといえば、東日本大震災以来、類似の報道を繰り返す新聞やTVに嫌気がさして、なにも見ないように、読まないようにして、塩をかけられたナメクジのように縮んでいるばかりなので、このたぐいのデモが各地に起きて、今後も起きつつあることを知らずにいた。そんな自分が恥ずかしくて、二、三の新聞を調査したが、案に相違して、期待したほど大きく取り上げている新聞はなかった。
 それはなぜなのだろう。ボクらの学生時代は、指弾の相手が政府そのものであったが、いまはデモの隊列をどこに向けてよいのかわからない時代になっているからか。代々木公園や清水谷公園に集合しても、そこから刃をどこへ向けてよいのやら、わからない時代なのかもしれない。「反原発」から「脱原発」へと時代が成熟したことを意味しているのかもしれない。

  春の海置きたるガラス窓を拭く  赤坂ひろ子
by bashomeeting | 2011-04-30 20:06 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting