人気ブログランキング | 話題のタグを見る

漁村の匂い◆いちご煮というものを食べた

 いちご煮という吸いものを食した。昨年九月に、日本心理学会のワークショップでお目にかかったSさんがくれたものだ。冬場の方がおいしい気がして、今までお預けになっていた。
 Sさんが住む八戸あたりの漁村で、スモグリで得たウニやアワビやホタテを海水で煮込んで食べたのがその起源という。たしかに海水の香りがした。いちご煮という名は、乳白色の汁に盛り付けたウニの景色を、朝靄に見える野いちごに見立てたものだという。
 海の匂いをかぎながら、震災の町を思った。奥の細道を思った。

   寒の海あをあをと温泉に海女あふれ   出羽里石
by bashomeeting | 2012-01-24 09:49 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting