人気ブログランキング | 話題のタグを見る

連句は相手(連衆)次第

連句の捌き手は音楽指揮者(コンダクター)に似ていると思っていた。いや、思い込もうとしていたかもしれない。しかし、楽譜のない音楽はない。即興性の強いジャズにだって楽譜があり、それに基く一定のリズムとスイングがある。とすれば、連句はもっと他のもので説かねばならない。そのあたりの不安が式目重視へと傾くのだろうか。

連句の捌き手は重要な仕事だが、その結果の善し悪しは連衆による。芭蕉もたしか、相手次第の文芸であると書いていた気がする。

  白牡丹ばかりといふもまた見事   児玉葭生
by bashomeeting | 2012-05-04 04:20 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting