人気ブログランキング | 話題のタグを見る

牛の気持ち、豚の考え◆TPP交渉というニュースを聞いて

One day the big bad wolf came and knocked on the first little pig's door and said "Little pig, little pig, let me come in." And the little pig answered "No, no, I won't let you come in, not by the hair on my chinny chin chin." "Well," said the wolf, "then I'll huff and I'll puff and I'll blow your house in." So he huffed and he puffed and he blew the house down and ate the little pig.(The True Story of the Three Little Pigs)


▶▶▶子どものころ読んだ本に『ジャックと豆の木』というのがあった。少年ジャックが母の言いつけで、市場に牝牛を売りにゆくのだが、途中で会った男の話に乗せられて豆と交換し、母親からひどく叱られる話。しかし、怒りのあまり母が庭に捨てた豆は次の朝には巨木に成長。ジャックはその豆の木を登って、雲の上の人食い男の住む城へ。人間の匂いをかぎつけた人食いをだまし、その妻はジャックを逃がそうとする。そして人食いが寝入ったすきに、ジャックは金の卵を産む鶏を盗んで、地上の家に戻る。味をしめたジャックはふたたび豆の木を登っては金銀を奪い、 ハープを盗もうとするが、なぜかハープが喋り出して人食いは目を覚ます。しかし、どうにか逃走に成功して、地上に着いたジャックは豆の木を斧で切り倒し、追いかけてきた人食いは地上に落ちて死ぬ。こうしてジャックと母親は裕福になるという話だが、話の発端になった牛は、その後どうなったのであったか。


 Globalizationの波が押し寄せて、いま環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉をめぐるニュースがマスコミを賑わせているが、豚肉や牛肉の関税を○○%に引き下げる、1キロあたり○○円程度で詰めの作業を急ぐなどという、人間同士だけの話を聞かされ続けると、ついつい牛や豚はそんな人間をどう見ているのかと考えてしまう。


  筍の竹になるより外はなし  刈谷次郎丸


  


by bashomeeting | 2014-05-04 09:01 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting