人気ブログランキング | 話題のタグを見る

この人の一句◆藤木倶子句集『星辰』文學の森刊

  少年の手足ひよろりと宮相撲

▶▶本書は著者第十句集で、平成二十八年七月二十一日発行。平成二十一年、二十二年、二十三年の作を集める。八戸から俳誌『たかんな』を刊行し主宰。海紅とは平成二十三年三月十日(東日本大震災の前日)の句会に同席させていただいて以後の風交。著者はその東京からの帰路、新幹線車中で震災に遭遇。ここには、とりいそぎ当季の句群から心に叶ったものを一句紹介。

□***************************************□
Commented by 千年 at 2016-11-14 18:57 x
先生が「駄々をこねてる」とかと判じられる句とは違う、こむつかしくもない発句だと思いました。私も宮相撲に小学校のときでたのですが、少年をひょろりととはお見事。
by bashomeeting | 2016-09-09 22:34 | Comments(1)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting