海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

雨の終戦記念日です◆霊あらば親か妻子のもとに帰る靖国などにゐる筈はなし  市村 宏(『東遊』)

 雨の終戦記念日です。甲子園の高校野球も中止ということです。
 6日の「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」と9日の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」をニュースで観ました。声高にいう必要はないかもしれませんが、この二つの式典が今日まで続いていることに敬意を覚えます。そして人として当然のこの祈りが、世界に届く日の来ることを願います。
 
 恒例になっている3日間の『おくのほそ道』集中講義に行ってきました。今年は敦賀(気比神宮・色の浜)でした。今年も卒業生が合流してくれて、二日目の夜は受講生と懇親の食事会をしました。敦賀駅前通りの「まるさん」という評判のお店でした。最近二人目のお孫さんが生まれたMさんもいました。少しお酒が入って、問わず語りに「孫の世話をしに出掛けて、その顔を見ているとネ、この子が生きてゆく時間、せめてあと50年か、60年だけでもいいから、戦争は起こらないでほしいと思うのよ」というのです。この飾ることのない本音が心にしみました。そして「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」(広島原爆死没者慰霊碑)という誓いが眼裏をよぎりました。

□***************************************□

by bashomeeting | 2017-08-15 09:07 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting