海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

初めての連句◆「寒けれど」脇起こし連句(11句) 平29年度俳諧ゼミ

「寒けれど」脇起こし連句(11句) 平29年度俳諧ゼミ

寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき     芭蕉
麻莉乃の屋根に降りつもる雪     麻莉乃
ウェディングベルが山越え野を越えて 真太郎
子栗鼠の口に見ゆる団栗        富博
逃げ出して迷子になりぬビルの月   美帆子
地下道に入る銀杏黄葉         麻実
潮風にどんどん進む老朽化       知也
千鳥と遊ぶ人に客あり         真聖
助手席の幼なじみにプロポーズ     昂良
亡き娘似で色白な孫          沙織
オルゴール今は昔になりにけり     優弥

▶▶平成29年度の俳諧(連句の世界)ゼミ(大学3・4年)は芭蕉と蕪村の歌仙を読んできた。例年通りだが、全員の発表が済んで、さて締めくくりは芭蕉や蕪村とそこに一座する仲間の想像力をたたえるために、我々も座の文芸の連衆になって実作を試み、ハラハラ体験をしてみようと強引に誘った。当季の芭蕉の句を立句に脇起こしにした。

□***************************************□
by bashomeeting | 2018-01-29 16:10 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting