人気ブログランキング | 話題のタグを見る

仇討ちという大義

 近松の『世継曽我』を読む。曽我物は講談で伊賀越え(荒木又右衛門)、忠臣蔵とともに
三大仇討ちとして知られる。講談・仇討ち、古い古い、過去のものと思いきや、しみじみとこみ上げるものあり。かりに法律という重石がなければと、仇同然に思い詰めるひとりやふたりは、今の世とて誰にもあること疑いなし。地球規模で起き続ける血の争いも、いかがわしい大義なるものを括弧の外に括り出せば、単なる仇討ちとも見える。〈人は歴史に学ばない〉とは、加藤周一氏がどこかに書いて以後、私の頭を離れないことばのひとつ。人の心に古典も近代もあるものか。
by bashomeeting | 2006-09-16 00:29 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting