人気ブログランキング |

海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

失せもの出づる―平泉紀行

 今年の地方スクーリングは平泉公民館を教室にして、6月30日(金)から7月2日(日)にかけて実施。元禄二年の芭蕉が平泉を訪ねた時期と殆んど一致するという幸運にめぐまれた。『おくのほそ道』を読んでは、ゆかりの土地を訪問するという贅沢な三日間で、昨年同様に卒業生も駆けつけてくれた。
 折よく毛越寺はあやめ祭りで、平安の昔をしのぶ延年の舞には全国から人々が集まっていた。終日の五月雨も長く記憶に残るだろう。講義の締めくくりは、例年通り連句の試み、表六句を記録にとどめよう。

人の手で開ける列車や風薫る     宇田川良子
  あやめ祭りをしつらへて待つ    小林 吉郎
寺廂涼しき月を押し上げて        谷地 海紅
  なにぶらさげて帰る里の子     西村 通子
花すすき祖母にわたせば微笑める  原田 富江
  ちちろ鈴虫ちちろ鈴虫          執 筆

 もう一日ひとり旅を愉しむと言う喜美子さんと別れて帰途につく。新幹線では、車両を同じくする数人で一句会。喜美子さんは不在投句。

日常の旅へとかはる青田かな   正 浩
駅前の鉄風鈴に芭蕉の句      喜 美
木下闇芭蕉の句碑の読み難し   由貴子
空広し無量光院跡青田       海 紅
洗ひ髪草の匂ひの夜風かな    文 子
車中より青田の見ゆるわつぱ飯  正 浩
   延年の舞 三句
童子舞ふ鈴音やさし五月雨    嘉 子
五月雨と童子の床を踏む音と   喜美子
麻衣童子は風を入れて舞ふ    文 子
by bashomeeting | 2006-10-02 14:20 | Comments(0)