人気ブログランキング | 話題のタグを見る

漱石 松山六句

  ことのついでに『漱石松山百句』(坪内・中居編。創風社出版)を読む。だが、心に残った句は次の六句であった。そして、俳句には進化ということがあると思った。

  稲妻やをりをり見ゆる滝の底
  蘆の花夫より川は曲りけり
  草山の重なり合へる小春かな
  秋風や坂を上れば山見ゆる
  卯の花や盆に奉捨をのせて出る
  春の雲峰をはなれて流れけり
by bashomeeting | 2007-07-27 04:44 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting