人気ブログランキング | 話題のタグを見る

江戸をのぞく◆遠藤寛子『算法少女』

 昨年の四月十七日に「江岸寺の句碑」の句の作者が江戸談林八世の謄雲庵厄簾なる人物であると書いた時に、七世は著名な一陽井素外(文政六年〈1823〉没)であると書いた。その後、スナフキンから、『算法少女』(遠藤寛子、ちくま学芸文庫)に素外が出てくると教わって一読した。

 本書は千葉あきという算法にすぐれた少女が主人公のジュニア歴史小説で、少女の父親の親しい友人として素外が登場する。以下はその読後のメモである。

◆120頁
 素外も句集を出版するので、そうした事情をしらないわけではなかった。
「このあいだも、算書が一冊出たけどな。百冊ちょっと刷って、三両近うかかったそうや」
 一両で、だいたいひとり一年間の飯米が買えたから、これはなかなかの大金であった。
「それでな。その算書に問題を発表した仲間が、一題について、二朱(一朱は一両の十六分の一)か三朱ずつ、金をだしあったそうや」

◆126頁
 けいが線香花火に火をつけた。煙硝(火薬)のけむりをすうと、この冬はかぜをひかないといういいつたえに、子どもたちは、いそいでうちわをばたばたつかう。

◆141頁
「江戸におおいもの―伊勢屋、稲荷に、犬のくそ」

◆251頁
 いま、写楽という浮世絵師の絵がとても評判になっています。芝居の役者の絵なのですが、これまでのように、ただのきれいごとでなくて、役者の表情をずばりとえがいて、こわいぐらいその特徴をつかんでいます。それで、かかれた人の中には、いやがる人もありますが、それだけすぐれた絵なのだとおもいます。
 ところが、この人、いったいほんとはだれなのか、だれもはっきりしたことはしらないのですよ。あの人だ、いやこの人にちがいない、とさまざまうわさが立っているなかに、あなたもごぞんじの人の名がはいっています。だれでしょうか―ほら、あの俳人の、谷素外さんなのです。
 いつもたのしそうに、世のなかを愉快にくらしているあのかたが写楽だなんて、おかしいようですが、わたしは案外そうかもしれないとおもっています。あなたが江戸にいられたころ、いろいろなできごとがありましたが、そんなとき、ふとかんがえこんでいる素外さんをしっていますし、「殿さまなんて、案外不自由なものさ。町かたのわたしらは、いっしょうけんめいやろうとおもえば、いろいろなことができるもんだよ」とおっしゃっていたこともおぼえていますので。
by bashomeeting | 2008-02-07 11:15 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting