人気ブログランキング | 話題のタグを見る

紹介◆『時代を越えて ― 知的ハンディの子をもつ若い両親におくる―』

 サンフレンズというサークルがある。知的ハンディの子をもつ両親や家族と、共に歩んでいる支援者の会である。昭和六十三年(一九八八)に、北海道から九州に至る三十五人で発足した全国的な集いである。その歩みは二十年になる。多くが六十歳以上になった。そこで、ハンディの子をもつ親や家族として、支援者としての歴史を、同様の問題を背負って生きている、世代を越えた若い両親に伝えたいと考えて『時代を越えて ― 知的ハンディの子をもつ若い両親におくる―』という本を編んだ(以上、本書の「はしがき」による)。
 本書は「第一章 母親の立場からの思い」、「第二章 支援者の立場からの思い」、「第三章 亡き人を偲ぶ」、「第四章 会員の紹介」という全四章から成る。それぞれ具体的で重たい実情を淡々と綴る。
 私はそのメンバーの一人である椎名美知子さんと詩歌による縁を得ている。一人が一人と知己になるというのは、容易に見えてなかなか困難である。現実という孤島には、たくさんの人は住めないからである。だが、だからこそ、それゆえにこそ、一人が一人とつながるという行為は尊重されねばなるまい。奥付によれば、本書に関する問い合わせ先は手塚直樹氏(FAX:042-796-5052)である。
by bashomeeting | 2008-05-20 04:01 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting