人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大学院講義番外篇

 十五日の大学院講義のこと。すでに先週の八日で、規定上の年間講義は終わっているのに、受講生全員が現れた。理由は単純、終わっていることを、教師も受講生も認識していなかったからである。なにもしないで別れるのもつまらないし、文子さんが提案していた句会体験の日にすることに…。四十分で、当季雑詠三句投句。吟行は校舎の屋上である。以下はその記録。句会終了後は席を喫茶店に移し、お互いの作品を批評しあって別れた。

  キャンパスに屋上ガーデン冬木の芽   文子
  学生といふあこがれにをり冬の空     同
  枯れてなほ空仰ぎをり冬の草       宏紀
  ベランダのシャツも震へて寒の内     同
  冬空を押し広げゆくホルンの音      芳恵
  福寿草結びの帯の晴着らし        同
  枯草に己が姿を重ねけり          加奈
  キーボード凍えて離す夜もありき     同
  病臥する祖父思ひだす寒さかな     大希
  木枯らしに吹かれ洗濯もの乾く      同
  屋上の風寒き日の四人かな       海紅
  マフラーはピンク乙女のうらやまし    同
  枯草を見に留守番を交代す        同
by bashomeeting | 2009-01-22 12:56 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting