人気ブログランキング | 話題のタグを見る

常世へ7―なみだを吸へる砂の玉

しつとりと
なみだを吸へる砂の玉
なみだは重きものにしあるかな(啄木・一握の砂)

Thank you Tomiko san.
啄木が好きな先生でした。もっとも先生の世代の多くが啄木の世界に身体を震わせたはずですが……。  (よ)

〔啄木〕石川啄木。歌人。明治十九年(1886)~明治四十五年(1912)、 26歳。名は一(はじめ)。岩手県生まれ。鉄幹・晶子に師事し『明星』や新詩社に学ぶ。代用教員、新聞記者などを経て創作生活に入る。社会思想に鋭敏で、短歌を口語三行詩の姿に排列して、生活感情の描写に素直であった。近代短歌史上もっとも愛された歌人で、短歌を大衆のものとした功績が称えられている。歌集『一握の砂』『悲しき玩具』のほか、詩・小説・評論をも手がけた。
Commented by 椎名美知子 at 2009-03-26 09:12 x
ご母堂、村松先生のご冥福をお祈り申し上げます。
大切な方を失った悲しみはいかばかりか。
私の師は、北海道講演の折、旅先で亡くなり、あまりに突然で、茫然自失した日のことを思い出しました。
Commented by 三木喜美 at 2009-03-26 09:25 x
恩師は村松先生だったのですね。ご冥福をお祈り申し上げます。悲しみの深さ計り知れません。
by bashomeeting | 2009-03-26 06:22 | Comments(2)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting