人気ブログランキング | 話題のタグを見る

常世へ10―殺風景な春

 なんという殺風景な今年の春の景色でしょうか。二十六日に尾形仂先生が永逝されました。これで、ボクは蕪村について問いかけるお二人の先生を失ってしまいました。

〔尾形仂〕国文学者。大正九年(1920)~平成二十一年(2009)、八十九歳。東京教育大学、成城大学教授を歴任。東京都生まれ。能勢朝次・潁原退蔵に師事して、芭蕉・蕪村の研究を中心に戦後の俳文学研究をリードした。著書に『松尾芭蕉』『座の文学』『俳諧史論考』『蕪村自筆句帳』など、編著に『蕪村全集』『江戸時代語辞典』ほか。
Commented by 小出富子 at 2009-03-28 23:42 x
今日の朝刊で尾形先生の訃報を知り、谷地先生のお嘆きはいかばかりかと、お察し申し上げます。奥の細道のレポートの参考書には、村松先生、尾形先生のを使いました。今も、「芭蕉必携」は大切に持っています。心からご冥福をお祈り申し上げます。
by bashomeeting | 2009-03-28 12:27 | Comments(1)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting