人気ブログランキング |

海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。

2006年 09月 04日 ( 1 )

 昨日、講演(文化講演会)で銚子に出かけた。新涼というべき日が、ひとり旅を豊かにしてくれた。「旅と俳諧―その美しい交響詩―」という題で九十分話した(銚子市市民センター 大ホール)。旅とは住んでいる土地を離れて一時他の土地に行って戻ることではなく、〈逢って別れること〉という、私の『おくのほそ道』理解を、俳諧(連句)という文芸の本質と重ねたもの。

 講演後は、教育委員会を通して、数日前に打診のあった鷗俳句会の方々とお目にかかって懇談、句碑散歩ののち会食をしてお別れした。何度も出かけている町であったが、地元の先達のある散策はかつてない充実したものとなった。俳句会のみなさんの、旧識の如き優しい心配りに頭が下がった。以下にその見学の一部を紹介する。

 浜屋ホテル(あしか島海岸)の前庭の句碑「佇みて瞑りて待つ初日影 唯男」を見る。作者の永島唯男氏は鷗俳句会の指導者で、俳誌『天為』同人。連句も画も玄人跣足の多彩な人である。

 最近、犬吠埼灯台下の君ヶ浜に、『天為』主宰の有馬朗人句碑「鳥白し春あけぼのゝ君ヶ浜 朗人」が建ち、道沿いにある句碑「犬吠の今宵の朧待つとせん 虚子」に対す。

 女将の高橋鷹子さんが俳人という暁雞館(犬吠埼)を訪ねる。永島さんらが巻いた「暁雞の」半歌仙の額を見るためである。それはロビーの壁に掲げてあった。平成十七年一月十一日に巻いたもの。第三までを紹介しよう。「董王」は永島氏の別号。
   暁雞の西明浦の初日かな  永島 董王
    掬へば甘き海士の若水   本屋 良子
   醤油蔵四百年も続きゐて   高橋  賢
 
     此台の清風/たゝちニ心涼しく/
     西方仏土もかく/あらんと
  ほとゝきす爰をさること遠からす 一茶坊〔書判〕
  これは浄国寺(春日町)に建つ一茶句碑。寺が所蔵する芳墨帖の真筆を模刻したもの。一茶は文化十四年六月一日、滞在先の主人である大里桂丸(豪商行方屋。大里庄次郎。浄国寺檀家)、と五味李峰(銚子住)と浄国寺望西台に遊んだ(矢羽勝幸『一茶大事典』大修館書店)。その際の揮毫。「平成十七年乙酉年七月吉日」建碑。碑陰に有馬朗人・本屋良子(獅子門 一紅庵)等、発起人である永島氏を支援した人々の名あり。〈爰をさること遠からず〉は『観音経』の一節という話もある。『華厳経』であったかもしれない。仄聞ゆえ、確かめる必要あり。
 先掲の桂丸が、野崎小平次(未詳)と共に建てた芭蕉句碑が同じ境内にある。句は「枯枝にからすのとまりけり秋の暮 はせを」(判読)。碑面に「あきの夕誰が身のうへぞ鐘が鳴る 桂丸」(未考)の句を添える。弘化二年建碑の由(未考)。『諸国翁墳記』に登載されるや否や考証の必要あり。

 地球展望館(愛宕山)で「鷗俳画展」見学。私の訪銚を知って、会期を延ばしてくれた由。心に残った句は以下の通り。
   頬刺の一味ちがふ天日干  加瀬 晴子
   春寒や仔牛小さき膝を折り  半田 穂波
   大店に嫁して七年初幟    作田 櫻子
   県民の森より聞こゆ雨蛙   一谷 源治
   香水を控へて料理運びけり  高橋 鷹子
   釣宿の女将となりて明易し  飯島 藍子
   噴水の見ゆる二階の喫茶店 高橋 綾乃
   宿題の早く終りしソーダ水  加瀬  緑
   枯菊を束ねし庭の広さかな  加瀬 絹代
by bashomeeting | 2006-09-04 13:01 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting