人気ブログランキング |

海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。

2008年 08月 26日 ( 1 )

 二十四日(日)、『おくのほそ道』行脚の疲れを癒やすべく、作並温泉の岩松旅館に泊まる。文字通り岩と松に包まれる広瀬川ぞいの露天風呂が目的であったが、昨夕から降り続く秋雨による川の増水により入浴禁止の札が立ち、蒲団をかぶって眠る。幸い、朝に入浴再開という知らせがあり、同宿の男を誘って八十数段の板敷きの階段を下りて念願を叶えた。同宿の男が言うには、戦時下は辺りの村にたくさん児童生徒が疎開してきて、集団でこの露天風呂に入れられたという。そんな話を聞きながら湯につかっていると、脇を流れる川音が次第に当時の子供たちの賑やかな声に聞こえてくる。話をしてくれる男は国民学校の最後にあたる年齢である。蛇足ながら、国民学校とは天皇の統治する国の民であることを教育し、戦時体制に即応すべく作った初等教育機関。初等科六年、高等科2年。昭和十六年(一九四一)から昭和二十一年(一九四六)まで続いた。

   赤のまゝ昔話のつゞきをり    海紅
by bashomeeting | 2008-08-26 07:46 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting