人気ブログランキング |

海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。

2011年 07月 12日 ( 1 )

 小津安二郎の『彼岸花』を観たくなった理由は、ある研究会のあとの食事の席で、和歌文学研究者のT女史が「…『彼岸花』の笠智衆がいい」とつぶやいたからだ。酒席でもあったので、どのような脈絡であったか覚えていないが、いまはDVDを借りて、TVで見られる時代であることを思い出して以後気になっていた。実はすでに観たことはあったし、世評の高さに反して小津安二郎は好きではないのだが、なぜ嫌いなのかを考えてもみたかった。娘に頼んで、はじめてDVDを借りた。仕事の合間に二回に分けて観た。嫌いなわけがわかった。設定の家庭が裕福すぎて、ボクには感情移入ができないのだった。それにしても、出演者の殆んどは、どうしてあんなに芝居が下手なのだろう。笠智衆を除けば、ほとんど芝居がかっていて耐えられない。Tさんが言いたかったことは、このことなのだろうか。若いころの桑野みゆきを観られた点は悪くなかった。

  格子戸を拭く小女や金魚玉 下田実花
  
by bashomeeting | 2011-07-12 19:12 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting