人気ブログランキング |

2012年 08月 29日 ( 5 )

 飯坂を出て、福島市山口の「しのぶもぢ摺の石」を尋ねる。いま信夫文知摺観音を祭る山里である。『おくのほそ道』に以下の通り。

 あくれば、しのぶもぢ摺りの石を尋て、忍ぶのさとに行。遥山陰の小里に石半土に埋てあり。里の童部の来りて教ける、「昔は此山の上に侍しを、往来の人の麦草をあらして、此石を試侍をにくみて、此谷につき落せば、石の面下ざまにふしたり」と云。さもあるべき事にや。
  早苗とる手もとや昔しのぶ摺

 ここは『古今集』の源融の歌から生まれた物語で知られる歌枕。観音の上に位置する曹洞宗の香澤山安洞院(山口字寺前5)が発行する「奥の細道 芭蕉ゆかりの地 信夫文知摺 みちのくの史蹟」というリーフレットに〈かつてこの地は、綾形石の自然の石紋と綾形、そしてしのぶ草の葉形などを摺りこんだ風雅な模様の「もちずり絹」の産地でした。その名残りをいまに伝える文知摺石は、都からの按察使(巡察官)源融と、山口長者の娘虎女の悲恋物語をを生み、小倉百人一首にも詠まれました」とある。

 綾形石とは模様の摺り出しに用いた自然石で、各家々にあったはず。芭蕉の甥とも従弟ともいわれる桃隣の『陸奥鵆』(元禄9)に「長サ一丈五寸(約315cm)、幅七尺余(約210cm)」とあって、芭蕉が『おくのほそ道』の旅の途次にこの巨石を見たことを疑うことはできない。しかし、山の上にあった巨石で恋占いをする人が絶えず、麦畑が荒らされることを憎んだ里人が、谷に突き落としたという話は、これまた芭蕉の作り物語である。

 物語は残る。そんな解説をして旅を終えた。

みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむと思ふわれならなくに(源融・古今・恋四)
by bashomeeting | 2012-08-29 20:19 | Comments(0)

 医王寺は能「摂待」で知られた義経物語の寺で、『曽良旅日記』が書き残すように佐藤庄司(基治)一族の菩提寺でもある。「寺の門に不入」(『曽良旅日記』)とあるので、芭蕉と曽良は実は寺に入っていない。二人は墓所へ向かい、まず薬師堂を見て、その後ろに「庄司夫婦ノ石塔有」と書いている。薬師堂の「北ノワキニ兄弟ノ石塔有」と書き、「ソノワキニ兄弟ノハタザホヲサシタレバはた出シト云竹有。毎年弐本づゝ同じ様ニ生ズ」とも書く。むろんいま、この竹を確認することはできない。ボクは旅の同行者の多くが関心を持っている乙羽の椿に案内し、乙和の椿は「今も蕾のままに散るのか」という質問に答えられぬまま、継信・忠信兄弟、基治夫婦の石塔を拝む。「寺ニハ判官殿笈、辨慶書シ経ナド有由」(『曽良旅日記』)とあって、ゆかりの遺品を芭蕉は見ていないのだが、芭蕉が背負ったと言い伝える笈は宝物館に展示されていた。いつも同様、最後は本堂の如来と「無等差」としたためる額を拝してバスへ戻る。
  その後、いやがるバス運転手氏を説得して、福島飯坂線沿いの菓匠吉兆松屋(花水坂駅そば)に立ち寄ってもらう。義経に命をあづけた佐藤兄弟の弟の名を付けた「忠信最中」を土産にしてもらおうと思ったからだ。直径十五センチの、ピザさながらの巨大最中であるが、残念ながら朝方に買い占められて一つも残っていなかった。予約の必要ありという。ここは片岡鶴太郎の画作を展示するようになって人気をあつめ、その結果、最中も買い占められる時代になったのだと思う。商売繁盛は結構なことだが、ボクらには不便、不満の結末ではある。

  山鳩を追ひつつ小豆摘み急ぐ   山本嘉代子
by bashomeeting | 2012-08-29 19:48 | Comments(0)

 二十六日(日)はまず東滝ノ町の旧堀切邸そばにバスを止めて、花水館(西滝ノ町)の右脇を降りて、渡しの跡と滝ノ湯跡を見学し、同所の「俳聖松尾芭蕉ゆかりの地」碑を見る。芭蕉が入浴したのはこの滝ノ湯とされてきたが、近年は旧堀切邸裏の鯖湖湯説が有力。土地の人に尋ねると、老舗旅館と聞かされていた花水館は閉館したのだという。瀬音につつまれて、しばらく立ち去りがたい。旧堀切邸を一見して、バスを駅に回してもらって、駅そばの芭蕉像をながめて医王寺へ。

  虫鳴くや何年前か指を折り   橋本疎枝
by bashomeeting | 2012-08-29 16:59 | Comments(0)

 八月二十五日の昼食はアサヒビール福島工場(福島県本宮市)のアサヒビール園。はじめて工場見学もした。ホップや二条大麦の噛んでその香りも味わう。その後、高村千恵子記念館(二本松市油井)を一見、路傍の女郎花がまぶしいほどに美しい。そののち飯坂温泉へ。宿は祭屋湯左衛門(福島市飯坂町鍋沢)。奥飯坂に泊まるのははじめてであった。

  女郎花二つに分けて母の墓   谷口かなみ

  
by bashomeeting | 2012-08-29 16:34 | Comments(0)

 八月二十五日(土)十一時十五分、郡山駅に集合して、貸し切りバスの車窓から旧街道筋の街並みを愉しみながら安積山公園(日和田町)へ。後ろの駐車場にバスを止めて、日和田球場の右脇「芭蕉の小径」を歩いて、公園入口に『おくのほそ道』碑を見に行く。郡山市では市制施行50年を迎えた昭和四十九年、芭蕉が探し歩いて見つけられなかった花かつみをヒメシャガと定めて、市の花としている。花の終わったヒメシャガが道々に植えられていた。ただし、「花かつみ」は真菰のことである(鴨長明『無名抄』)。

みちのくの安積の沼の花かつみかつ見る人に恋ひやわたらむ(不知・古今集・恋四)
花かつみ生ひたる見ればみちのくの安積の沼の心地こそすれ(能因・能因法師集)
by bashomeeting | 2012-08-29 16:04 | Comments(0)