人気ブログランキング |
ブログトップ

海紅山房日誌

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

俳諧会席と句会

 十六日の午後は俳文学会東京研究例会(早稲田大)へゆく。今月は第十回テーマ研究「文化史としての俳諧会席―所作・作法の実際」(一般公開)で、「俳諧会席の空間と時間―式目作法書の検討を通して」と題する堀切実氏の発表、「美濃派宗匠による俳諧会席の実態」と題して、大野鵠士氏(美濃派第四十一世宗匠)による「獅子門正式俳諧の現在」という学習をした。

 翌十七日は芭蕉会議と俳文学研究会合同の忘年句会で、千駄木・谷中を経て根岸の子規庵を吟行し、甫水会館で句会をした。この会では、メンバーの現状にもっとも有効な句会のあり方を模索してきたが、この日は進行係のIM氏が披講・合評が済むまで作者を名のらない方法を採用し、忌憚のない意見交換の場を創出してみせた。期せずして、古典俳諧の時代と現代の句会の形式について考えさせられたのである。

  そして、再確認したことは「正式(しようしき)俳諧」が儀式つまり晴の文芸であり、芭蕉七部集や『おくのほそ道』の旅の途次に巻かれた褻の俳諧とは異なること、晴の文芸とは姿を優先し、褻の文芸は内容を重んじることである。近代俳句(句作・発表・批評)とは、どこまでも褻の文芸であり、子規の改革とは連歌俳諧史における晴と褻の交替を求めたもののように感じた。とすれば、わたしは時に規模の大きい句会に参加するが、それらはどれひとつとして正式な、つまり晴の句会ではないことになる。

 このあたりの理解を誤ると、近代俳句の把握ばかりか、古典俳諧についても誤診することになろう。
by bashomeeting | 2006-12-18 16:32 | Comments(0)

詩歌に癒されて生きる

 十二月は毎年、卒業論文指導の大詰め、大団円(カタストロフィー)に終始する。時代と共に学生の質も論文も変わり、その指導ひとつとつが記憶に留めるに価するドラマである。加えて、編集を担当するRH誌の投稿締め切りが十一月末日に変更されたので、今年はその業務に追われたりしているが、合間を縫って仲間と国立小劇場へ出掛けて文楽を観た。だが観劇の最中に、仲間の一人が昏睡状態の気配となり、救急車を呼んで病院へ同行。さいわい大事に至ることなく復帰。そのひとつひとつが十二月のものである。

 WS誌に四回分のコラムを頼まれ、まず江戸時代の詩人柏木如亭著『詩本草』(岩波文庫)を取り上げた。揖斐高さんが書き下しと解説を施していて読みやすい。如亭は一茶や良寛とほぼ同じ時代を生きた、エピキュリアンである。その快楽主義へのあこがれを綴っているうちに、ふとその対極にあるかのような石垣りんの「定年」を思い出して、読み直した。

   ある日
   会社がいった。
   「あしたからこなくていいよ」

  と始まるあれで、原稿の内容は如亭と石垣りんの二本立てになってしまった。ちなみにコラムのタイトルは「詩歌に癒されて生きる」である。そして、もし私の暮らしに詩歌がなかったどうなっていたかと考えて、ゾッとした。研究はおもしろいが、なくても生きていける。しかし、詩歌のない暮らしは想像がつかない。
by bashomeeting | 2006-12-16 09:58 | Comments(1)

戻ってきたい場所

 Sさんから久しぶりの便りがある。疑われる病があったが、幸いなことに検査の結果はよかったとのこと。検査は初めてことばかりで、人の心の弱さと、温かさの双方をあらためて実感したとのこと。そして動けるようになると、すぐに病院内のPCで「芭蕉会議」サイトを覗いて慰められたとある。とすれば、芭蕉会議はここに来て、ようやく小さな命の火を灯すことができているのかもしれない。灯し続けたいと思う。ひとが時々戻ってきたくなる場所でありたいと思う。
by bashomeeting | 2006-12-15 23:33 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31