海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 担当授業のひとつ「日本文学文化特講(古典)」は「蕪村と共に暮らす」という題目で、講義日当日の四季の移ろいに合わせて、蕪村を柱に連歌・俳諧・俳句の世界に遊んでいる。七月九日は夏季休暇前の最後の講義だったので、趣向をかえて、稲澤サダ子さんという人と、その句集『月日ある夢』を紹介した。紹介後、学生が強い関心を示してくれた。それに気をよくして、十二日(日)俳文学研究会でも、同じ話をした。しっかりした人生はしっかりした句を遺す。あらためてそんな気がする。稲澤さんのことを教えてくださった天野さらさんに感謝するとともに、こうした立派な俳人(詩人)が津々浦々に暮らしている国をいとおしく思う。「無名俳人」などという間の抜けた言葉を使い始めた人が、ボクの前に現れたら、腹の底から叱りとばしたいとも思う。無名の人などどこにもいない。

 以下に講座に用いた資料を掲げる。

■稲澤サダ子 明治四十四年十月十日、旭川市に生まれる。青森県立女子師範学校卒。昭和八年に結婚し二男二女の母となるも、夫の急逝により、その実家千葉県に身を寄せて教職。昭和二十四年、旭川に戻り小学校教師。平成十四年二月、子供達が五千余句から四百句余りを選び、母の卒寿記念に句集『月日ある夢』刊。

■句集『月日ある夢』書誌
①書名 「月日ある夢」。
②分類 個人句集(家集)。
③体裁 四六判・洋本仕立て・緑色表紙・全一冊(212頁)。
④編者 作者の子供達(「はじめに」「あとがき」)。
⑤序者 「子を代表して 秀行」(「はじめに」)。
⑥跋者 「サダ子」「義泰」(「あとがき」)。

  人間に生まれた以上必ず一度は死にように生まれている。それが人間の姿であることは間違いなく、お釈迦様もそう言っている。死んでも心は焼けない人間の幸をと、仏様はこの世を進めていらっしゃると思う。
  仏様と同じ魂(こころ)で死を待とう。それが生きることになると思う。
                         (平成十三年十二月二十四日 サダ子)
⑦刊記 「印刷所 (有)文成印刷 東京都杉並区方南1-4-1」。
⑧内容(抄)
  春
囀や園児の列の過ぎし後
風船をしつかと父の肩車
帯を解き煎茶のうまし花疲れ
リラ冷えの残る朝の庭いぢり
リラ冷えや今日は一日もの言はで
リラ冷えや遇はずもがなの人に遇ひ
花の旅近づく一日遺書を書く
ふらここの空きをり乗つてみたくなる
春愁の思ひ過ごしと庭を掃く
人生を卒業せよと卒壽かな
  夏
アカシヤの花の心を胸に挿し
要件はなかなか言はず新茶褒む
薄れゆく実家の記憶青すだれ
羅を折目くずさず幸うすく
一日をただ玫瑰とありし旅
  秋
軒先の萩にことづて結びけり
行きしぶる流燈へ送る手波かな
霧笛鳴る千島返せと咽ぶごと
一位の実摘んで少女の日に戻り
星月夜夫の星はすぐ判り
思ふまま咲きし野菊のなほ淋し
お隣の明りも消えて虫の夜に
野に座せば吾も切株とんぼ来る
想ひ出の布もて作る菊枕
露草の露に命の碧さあり
新涼や少し長めのワンピース
白髪や砂利に土下座の墓参り
隣家よりまだ温かき茸飯
もらひたる紅葉を持ちて車椅子
こほろぎのふとなき止みて眠られず
  冬
腰紐の紅きをかくし木の葉髪
木の葉髪悔いの一つを梳き流し
落葉焚く息子の背に亡夫の影
内視鏡終へし胃の腑に屠蘇祝ふ
買ふ物もなけれど師走の人混みに
by bashomeeting | 2009-07-19 17:06 | Comments(0)
 七月十七日(金)の第四回目は「どんな人が描かれているの」という題で、『おくのほそ道』に登場する人物を、①杉風や空海などの実名・雅号、②仏五左衛門や桃翆などの虚名(創作名)、③古人や風騒の人などの朧化名に三分類して、それぞれ性別・職業・登場する章段・曽良旅日記との関わり・本名その他の情報を一覧表にして提供した。むろん、そのいちいちに言及することは不可能である。たびたび書いているように、毎回『おくのほそ道』の全体を見わたすという方針で臨んでいるので、資料の一部をはしょったりしなかっただけである。
 詳細説明では、著名な西行ゆかりの章段は、いつでもどんな講師からでも話を聞くことができると考えて、この日は源平の合戦がらみの武士を追いかけた。すなわち、屋島の合戦で源氏方の弓の名手として知られた黒羽の那須与一宗高。平泉の藤原秀衡と、その郎党で飯坂丸山に居を構える佐藤荘司元治。その息子で義経に従って死んでいった継信・忠信とその一族。父秀衡の言を守って最後まで義経を守り、塩竈神社の宝塔に名を刻む和泉三郎忠衡。秀衡の次男で、父の跡を継ぎながら、鎌倉の源頼朝に屈して義経を討った泰衡。義経に嫁した久我時忠の娘に付き従って義経と行動を共にし、『義経記』に「兼房が最期の事」という哀話をとどめる老武者兼房。源義朝の異母弟で木曽義仲の父義賢。義賢が殺される現場からその子駒王丸(二歳の義仲)を救出して養育し、信濃の中原兼遠を頼った斎藤実盛。実盛は源為義・義朝に仕えたが、その武勇を買われて、最後は平家に仕えたこと。そのため、実盛の最期の戦が、かつて一命を救った木曽義仲追討になったこと。実盛は義仲軍に情けを掛けられることを恥とし、大将平宗盛から錦の直垂着用の許しをもらい、老武者と侮られぬように白髪を黒く染め、その覚悟通りに義仲家臣手塚太郎光盛に討たせて死んだこと。首実検で自分の恩人と知った義仲は手厚く回向したこと。小松の多太神社に残る実盛の兜や錦の鎧直垂の切れ端は、その昔に実盛が源氏に属していた際に、源義朝からの下賜であると伝えられていることなどについて話した。文芸は物語である。だから、事実を扱う歴史とは別物であると結んだ。
 歴史が事実を重んじるのに対し、文学が伝承を大切にする理由は、それがしばしば事実以上に真実を語るからである。あやふやな記憶を頼りに、講談のような話し方になったから、事実という点では誤認があったかもしれないが、今後受講者が一人で読むために手引きとなるよう努力した誠意は伝わったのではなかろうか。
 終了後、芭蕉会議で親しくしていただいているM御夫妻が、遅めの夕食に誘ってくれた。車で小名木川沿いを大門通り(例の「親不孝通り」か)まで進み、右折して葛西橋通りと交差するあたりで下車。夜分ゆえ不確かだが、あの堀は仙台堀川であったろうか。食事はワインのおいしいイタリアンであったが、心地よさに店の名前を覚える余裕がなかった。
by bashomeeting | 2009-07-19 08:54 | Comments(0)
 七月十日(金)の第三回目は「みちのくって、どんなところ」と題して、まず歌枕の宝庫であることを説き、古歌ゆかりの地、およそ六十を例歌と共に示した。『おくのほそ道』行脚に「耳に触れて、いまだ目に見ぬ境」(草加の章)を訪ねる目的があったことは知られているが、聴講者にとって、それがどれほどの数で、その背景にどれほどの古歌が隱れているかを把握する機会は、今まであまりなかったはずと考えたからである。作品の裏に隠されている「隅田川」、歌枕とは何かを定義してみせる「室の八島」など、『おくのほそ道』において、それぞれの歌枕がどういう扱いを受けているかを略述し、陸奧の入口である「白河の関」から「松島」を経て「象潟」までの、主要な地を古歌と共に解説した。
 時間不足で詳細に及ばなかった話の一例を示す。
 例えばみやこびとが鄙びた地を訪れて、地元の娘と契る伝説は各地にある。蘇民将来説話や鬼神神話、あるいは折口信夫のマレビト信仰の類型のような原始的で野蛮な匂いのする話であるが、福島市山口の「信夫の里」に平安朝以来語り継がれる摺衣(すりごろも)伝承もそのひとつである。嵯峨天皇の子で陸奥国按察使という源融が、おしのびでこの地に来て長者の世話になる。その娘である虎女と契るが、やがて京に戻った融への虎女の慕情は押さえがたく、恋しさのあまり、もじ摺り石を麦草で磨いて、融の面影を映し出しては慕った。しかし精魂尽き果てて死ぬという話。次の歌は、都に戻った河原左大臣(源融)から信夫の里の虎女に送ったものとされて長く伝承を支えてきた。『おくのほそ道』はこれを踏まえていることは言うまでもない。

  陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむと思ふわれならなくに(河原左大臣・古今・恋)

 『おくのほそ道』はあちこちに創作があり、「信夫の里」の童とのやりとりも例外ではないと思うが、この古歌が源融の変わらぬ思いを虎女に伝えたものという伝承を知っていることは、やはり『おくのほそ道』鑑賞の大きな助けになるという話をしたかったのである。
by bashomeeting | 2009-07-17 07:21 | Comments(0)
 七月三日(金)の第二回目は「なぜ旅に出たのだろう」というテーマだった。聴講者が予想しているであろう従来説にはふれず、「持病があったから」という話をして、第一章(発端から遊行柳)までを、日光や雲巌寺に重点を置きながら、仏道に関わりある描写で筋を追いかけた。芭蕉には江戸に出るころには持病があった。延寳八年(一六八〇)の深川隠棲の最大の理由はそれで、病に関わる関連書簡や文書は臨終の年まで書き綴られている。創作である『おくのほそ道』の飯坂や越後路の「持病さへおこりて、消入計になん」とか、「此間九日、暑湿の労に神をなやまし、病おこりて事をしるさず」という記述は故なきことではなかったのである。
 深川に隠棲の折に、芭蕉が禅僧仏頂に親しく学んだのは事実である。一般に言って、仏道が急に身近になるのは、生老病死に関わる深刻な事態を突きつけられてからである。古代からそうした事例には事欠かない。芭蕉は持病ゆえに予定通りにすすまない人生の悩みを仏頂にぶつけた。仏頂は禅僧なら誰でも言うであろうことを答え、特別なことは言わなかったであろう。禅の公案は無数であっても、禅修行のゆきつくところは「無」の発見である。病気を歎き人生を佗び尽くして「無」を自覚する。芭蕉にとって、これは病気を受け入れること。それが中国の詩人気取りの深川隠棲を終わらせた。すなわち晩年の十年を旅に費す活力になったのではなかろうか、という話をしたのである。逆説的に響くかもしれないが、禅は「あるがまま」を受け入れること。つまり病気が「よく生きよ」という積極性を生み出してくれたのである。ここでは、聴講者に示した資料は省略する。

〔千年氏の以下のコメントに感謝する〕Commented by 千年 at 2009-07-11 00:00 x
「はるかなる行末をかゝへて、かゝる病覚束なしといへど、羈旅辺土の行脚、捨身無常の観念、道路にしなん、是天の命也と、気力聊とり直し、道縦横に踏で伊達の大木戸をこす」・・・芭蕉は観念といっていますが、観念的といった意味での観念という捉え方をして、そして、気力いささかとり直し(現実に生きていく自分に戻り)、行くしかないぜと、だてな足取りで越した・・・元気芭蕉!
by bashomeeting | 2009-07-13 19:45 | Comments(0)

三界流浪の桃尻

     笠着て馬に乗りたる坊主は、いづれの境より出でて
    何をむさぼり歩くにや。このぬしの言へる、これは予が
    旅の姿を写せりとかや。さればこそ、三界流浪の桃尻、
    落ちてあやまちすることなかれ。

   馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな
 
 今日は「かげろう金曜会」で、まず天和三年(一六八三)の「馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな」句文を読んだ。句文末尾に「三界流浪の桃尻、落ちてあやまちすることなかれ」とあって、前年歳末の大火で芭蕉庵を失ってまもなく、自分を生死往来する世界の危なっかしい旅人に擬していることを強調した。『野ざらし紀行』の前に、すでに漢詩人を気取る深川隠栖の詩人を脱していたといってよい。
 五月に芭蕉は甲斐から江戸(あるいは江東深川)に戻り仮寓。六月、郷里の母没。すぐに帰郷して墓前の手を合わせるべきところ、かなぬ事情によって帰郷を断念。その理由を病弱という視点で説いた。延宝八年(一六八〇)冬の深川隠栖が、そもそも病弱によるものというのが拙論である。この冬、門人知己の喜捨により新庵(第二次芭蕉庵)ができたというが、それは旧庵(第一次芭蕉庵)と異なり、隠栖を気どるものではなかった。
by bashomeeting | 2009-07-03 15:33 | Comments(0)
 六月二十日にふれた高山麋塒宛書簡にある句作の五箇条のすべてを書きとめておこう。天和二年(一六八二)芭蕉三十九歳の俳論である。

一、一句前句に全体はまる事、古風・中興とも申すべくや。
一、俗語の遣ひやう風流なくて、また古風にまぎれ候事。
一、一句細工に仕立て候事、不用に候事。
一、古人の名を取り出でて、「何々のしら雲」などと言ひ捨つる事、第一の古風にて候事。
一、文字あまり、三四字・五七字あまり候ても、句のひびきよく候へばよろしく、一字にても口にたまり候を御吟味有るべく候事。

 咀嚼すれば、「一、付合は前句の匂い(余情・余韻)の形象化であり、前句の意味によるベタ付になってはいけない。ベタ付は貞門・談林の手法である」「二、和歌に用いられない日常語は抒情という秩序のなかで用いてはじめて新鮮なのであり、それがなくては貞門や談林の作風と変わりない。要するに俗語と正すこと、高悟帰俗ということ」「三、腕前を見せようとしない、つまり技巧に走らないこと」「四、安易に本歌取りをしないこと」「五、字余りや字足らずが悪いのではなく、句の調子の整わない句がいけない。舌頭に千転すること」ということだろう。
by bashomeeting | 2009-07-03 15:10 | Comments(0)
 先生は病気をするたびに「あとをよろしく…」と言っていたから、そのうちに麻痺して、そのような「あと」はいつまでも来ないような気になっていました。でも昨年の暮れに「アトヲヨロシク」と真摯に言われて、すぐに耳の奥に聞こえてきたのはチャイコフスキーの「悲愴」でした。なぜなら先生はチャイコフスキーが好きで、お若いころは〈私の葬送には「悲愴」を頼むよ〉と言うのが常だったからです。縁起でもないので、そんなときのボクは〈ボクの場合は、古今亭志ん生の出囃子「一丁上がり」でお願いします〉とお道化たりしていた。でも現実には知己が一堂に会するような野辺送りを先生は拒んだ。それは日ごろの先生と矛盾しない。実は若いころにも「悲愴」で送られようなどと本気で考えたことはなかったのでしょう。みずからの生涯を「悲愴」と認識していた人に、ことさらチャイコフスキーは必要ないからです。むろんボクも「一丁上がり」で去ってゆくつもりはありません。
by bashomeeting | 2009-07-01 22:53 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting