海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 大学の国文学科という箱が壊れ、その中身が溶融しはじめて十六、七年になります。昨年のとある学会で、その前後の卒業生で国語教師をしている人をパネリストに招いて、シンポジウムをすることになり、年賀状をひっくり返して人選のお手伝いをしました。どうやら私は、その作業にふさわしいくらい高齢の教員になっていたようです。

 七月二十四日(日)、そのパネリストのH氏とその同級のY女史が奔走して、中世近世文学研究会+国文学科研究会句会なるものがおこなわれました。出席者は二十数年振りの卒業生十八人ほど。仲間にすでに故人もいて、彼らを偲ぼうと静岡から駆けつける友人や、子連れで参加する人もいて、私はジグソーパズルをするような戸惑いを覚えましたが、次第に昔がよみがえって、十九時過ぎの懇親会を含めて教師冥利につきる時間を得られました。もちろん、彼らが引率した小学生から中学生まで四、五名も投句。会場は江戸開府と同時にできた泰昭山寿仙院(日蓮宗。西浅草3)でした。御住職にあいさつして、旧戦地ガダルカナル島などに眠る遺骨収拾を率先する方であると知り、頭が下がりました。

 句会は当季雑詠・兼題・席題の三種が提案されました。当季雑詠はそのその日、その季節に接した季節の詞を通してわき起こる心を詠むもので、私は雷門から仲見世を抜けて浅草寺や淡島堂をめぐって句を作りました。外国人観光客に圧倒され、今は亡き恩師たちと廻った昭和を懐かしみました。兼題は事前に示された宿題で、今回は紫陽花・鰻・大暑・夏の海・サングラス・石・旗・大学・寺・浅草が示されました。私は大学と石を選びました。席題は当日席上で出されるテーマで、今回は私が出題者。浅草に向かう車中で香水と決め、再会した寺の庭で披露しました。小学生・中学生がこの即興を求められる難題に挑戦してくれたのには驚きました。「俳諧は三尺の童にさせよ」(三冊子・赤)ということでしょうか。以下の拙句は、こうした一日がどのような句を生み出すのかという教材です。必ずしも佳句ということではありませんので、念のため。

◆当季雑詠
そのころの羅宇屋いで来よ夏柳
風鈴や仲見世二三割高し
寺涼し十四五人の靴並び

◆兼題(大学・石)
大学が同じえにしや湯帷子
石抱いてまだ蟷螂の鎌細く

◆席題(香水)
香水にひとへ瞼に覚えあり

□***************************************□
by bashomeeting | 2016-07-26 05:40 | Comments(3)
 歳時記の歳時とは歳象・時事という二つのことばの合成です。歳象は春夏秋冬の、それぞれその季節らしい景色(風光)で、時事は春夏秋冬の、それぞれその季節らしい人間の生活(人事)です。つまり歳時記は「暮らしの手帳」「生活便利帳」の仲間であり、けっして名句集ではありません。「俳句歳時記」というふうに「俳句」という言葉が冠されても、その事情にあまり変わりはないので注意しましょう。わたしが、歳時記より『古今和歌集』を読む方が心豊かになれるときがあるという理由の一つです。

□***************************************□
by bashomeeting | 2016-07-18 03:56 | Comments(0)
 歳時記と季寄せ。歴史的には細かな違いがありますが、現代では両者ともに季語の四季分類集を意味します。同じ性格の書物とみてよいでしょう。ただし、内容としては見出し語の数や解説、例歌・例句の有無や多寡において歳時記がしばしば詳細であるのに対し、季寄せは比較的簡略ということはいえます。この繁簡という相互関係は歳時記同士にも、季寄せ同士にもあります。詳細なものも、簡略なものもあることは歳時記同士、季寄せ同士の中にもあるということです。

□***************************************□
by bashomeeting | 2016-07-18 02:50 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting