海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■正月=睦月(節気上は冬。明治時代以降の陽暦化に伴い、生活・行事の特殊性によって四季から分離独立。連句の付合においてはしばらく春扱いが穏当)

【時候(暑さ寒さ)】元日
【天象(空模様)】なし
【地理(土地の様子)】なし
【動物(動きまわるもの)】なし
【植物(根が生えたもの)】若菜
【生活(暮らし)】なし
【行事(儀式)】子日(若菜摘む・小松引く)

■春=立春から立夏前日まで(陽暦2月4日ころ~5月5日ころ)

【時候(暑さ寒さ)】立春・暮春(晩春)・永日
【天象(空模様)】霞・春月・春雨・遊糸
【地理(土地の様子)】残雪・春氷・
【動物(動きまわるもの)】鶯・帰雁・蝶・蛙・燕・雉子・雲雀
【植物(根が生えたもの)】梅・柳・春草・桜(花)・椿・菫・蕨・藤・躑躅・款冬
【生活(暮らし)】花(はなやか)・耕し・苗代
【行事(儀式)】雛祭

■夏=立夏から立秋前日まで(陽暦5月6日ころ~8月7日ころ)

【時候(暑さ寒さ)】暑し・夏の暮(夏夕べ)
【天象(空模様)】夏月・五月雨(梅雨)・白雨(夕立)
【地理(土地の様子)】清水
【動物(動きまわるもの)】時鳥・蝉・蛍・水鶏
【植物(根が生えたもの)】余花・新樹・橘・卯花・夏草・牡丹・杜若・菖蒲・早苗・青梅・百合草・若竹・撫子・夕顔・蓮
【生活(暮らし)】更衣・鵜飼・氷室・蚊遣火・扇・納涼
【行事(儀式)】仏生会(潅仏会、今は春季なれど)・端午・祭(賀茂祭、葵祭)

■秋=立秋から立冬前日まで(陽暦8月8日ころから11月6日ころ)

【時候(暑さ寒さ)】初秋・冷やか・夜寒・九月尽
【天象(空模様)】露・霧・稲妻・秋の空・野分・月
【地理(土地の様子)】秋田
【動物(動きまわるもの)】蜩・虫・鹿・蚋(ブヨ、ブユ。今は夏季)・雁・蛩(コホロギ)
【植物(根が生えたもの)】一葉・荻・桐・萩・木槿(ムクゲ)・槿(アサガホ)・草花・薄・女郎花・葛・菊・紅葉
【生活(暮らし)】砧
【行事(儀式)】七夕・盂蘭盆会(盆)

■冬=立冬から立春前日まで(11月7日ころ~2月3日ころ)

【時候(暑さ寒さ)】初冬・寒し・短日・師走(極月)・歳暮(年の暮)
【天象(空模様)】時雨・木枯・霜・冬月・霰・霙・雪
【地理(土地の様子)】氷
【動物(動きまわるもの)】水鳥付鴛・千鳥
【植物(根が生えたもの)】落葉・山茶花・寒草(カンサウ。枯草)・冬木立・早梅
【生活(暮らし)】鷹狩・冬籠
【行事(儀式)】なし

▶▶これは慶長年間(1596~1615)に成立(推定)し、「以後の連歌・俳諧の発句撰集の規範となった」(俳文学大辞典)とされる連歌発句撰集『大発句帳』(通称)。内容は春33題(2512句)、夏42題(1729句)、秋47題(1724句)、冬20題(1442句)、合計142題(7407句)から成る。その題を抽出し、季寄せふうに排列。ここから、増補・膨張し続ける現代の俳句歳時記の編纂意識を見直す手がかりを得ることを期待。影印は『連歌貴重文献集成(別巻3)』(勉誠出版)。翻刻と解説は森川昭『発句帳』(古典文庫456)。なお、『大発句帳』の価値については畏友M氏の教示を得た。

□***************************************□


by bashomeeting | 2018-02-27 17:42 | Comments(0)
「俳諧ゼミの教材として」(2012年 11月 07日)の改訂版の体裁を少し変更して、ここの移動。ゼミのなかで句を詠んだり、解釈をしたり、あるいは連句の付合の実践に役立ててもらうために提供するもの。「姿情を求めて8◆古典で一番基本的な季寄せ」を併せて参照してください。

■正月=睦月。年改まるめでたさを心とする期間。
【時候(暑さ寒さ)】新年・初春(新春)・去年今年・元日・晩冬
【天象(空模様)】初日・初空・初凪
【地理(土地の様子)】初富士・初筑波
【動物(動きまわるもの)】初雀・初鴉・初鶏
【植物(根が生えたもの)】福寿草
【生活(暮らし)】門松(松飾)・初夢・書初・初湯・獅子舞・七種(若菜)・左義長
【行事(儀式)】初詣・初薬師・初大師

▶▶陰暦(江戸時代以前)では新春だが、陽暦の時代(明治以降)が来て、節分(立春の前日)以前に新年が来ることになった。それで春の部に入れられなくなり、俳句歳時記は春夏秋冬の他に新年の部を設けるようになった。節気上は冬だが、行事としては伝統的な春の季感を残すことばの集合。なお連句の付合は近世の式目をもとにするので、今のところ初春(孟春)として扱うのが穏当か。

■春=立春から立夏前日まで(陽暦2月4日ころ~5月5日ころ)
【時候(暑さ寒さ)】立春(早春)・陽春(春暖)・冴えかへる・あたたか
【天象(空模様)】朧・陽炎・風光る・春の空(風・雲etc.)
【地理(土地の様子)】水温む・雪解・春泥・春の山(川・海etc.)
【動物(動きまわるもの)】孕馬(鹿)・猫の恋・蝌蚪(蛙)・鴬・雉子・雲雀・燕・若鮎・白魚・栄螺・蛤・蝶・蜂・蚕(桑子)
【植物(根が生えたもの)】春の草(セリ・ナズナ・ハハコグサ・ハコベ・タビラコ・カブラ・オホネ・タンポポ)・木の花(梅・桜・藤・梨)・菜の花・和布・海苔
【生活(暮らし)】草餅・麦踏・花見・卒業(入学)
【行事(儀式)】雛祭・花祭・遍路

■夏=立夏から立秋前日まで(陽暦5月6日ころ~8月7日ころ)
【時候(暑さ寒さ)】立夏・初夏(首夏)・新緑・麦秋・短夜・盛夏(炎暑・暑し・涼し)・夜の秋
【天象(空模様)】日盛(西日)・南風・薫風・夕立(凪)・虹・梅雨(五月雨)・夏の空(風・雲etc.)
【地理(土地の様子)】植田・泉(清水・滴り)・出水・滝・卯波(土用波)・夏の山(川・海etc.)
【動物(動きまわるもの)】蛇・金魚・蝉・蟻・蝸牛・時鳥・蝿・天道虫・毛虫
【植物(根が生えたもの)】新緑(樹)・若葉(青葉)・卯の花・花橘・菖蒲・アヤメ・カキツバタ・ハナシヤウブ・紫陽花・山梔子・桐の花・樗(栴檀)の花・夏草・薯莪の花・麦・筍・蕗・蚕豆・枇杷・夕顔・茄子(赤茄子)・向日葵・芍薬・牡丹・百合
【生活(暮らし)】田植・麦刈・梅干・草取・更衣・浴衣・髪洗ふ(香水)・夏帽・簾・日傘・扇(打水・水遊び・端居・扇風機・昼寝)・繭・鵜飼・螢・登山
【行事(儀式)】端午・祭(祇園会・禊)・安居・母の日(父の日)・原爆忌

■秋=立秋から立冬前日まで(陽暦8月8日ころから11月6日ころ)
【時候(暑さ寒さ)】立秋(初秋)・秋・残暑(残夏)・新涼・秋の暮・夜長・爽やか・秋冷(秋寒・朝寒・夜寒)・晩秋(暮秋・行く秋)
【天象(空模様)】月(盆の月・名月・十三夜)・星月夜・銀河・流星・稲妻・霧・露・秋の空(風・雲etc.)
【地理(土地の様子)】花野・刈田・水澄む・秋の山=山粧ふ(川・海etc.)
【動物(動きまわるもの)】鹿・猪・渡り鳥(小鳥)・稲雀・落鮎・鰯・秋刀魚・鮭・蜻蛉・虫
【植物(根が生えたもの)】
草の花(萩・尾花・葛花・撫子・女郎花・藤袴・桔梗)・木槿・芙蓉・木犀・桃・梨・林檎・柿・葡萄・栗・柚子・西瓜・糸瓜・芋・唐辛子・玉蜀黍・蕎麦の花・茸・紅葉・蔦・烏瓜・朝顔
【生活(暮らし)】燈籠・夜学・新酒(新走)・新米・栗(茸・零余子)飯・新蕎麦・秋灯・冬支度・案山子(鳴子)・稲刈・夜なべ・菜種(大根)蒔く・萩(木賊・萱・芦)刈る・紅葉(茸)狩・秋思
【行事(儀式)】七夕・盂蘭盆会・硯洗・重陽・秋祭・墓参

■冬=立冬から立春前日まで(11月7日ころ~2月3日ころ)
【時候(暑さ寒さ)】立冬・冬・小春・短日・冬至・師走(年の暮・行く年)・寒冷(寒し・冷たし・凍る・冴える)・日脚伸ぶ
【天象(空模様)】冬日・冬晴・北風(木枯)・時雨・霜・雪・冬の空(風・雲etc.)
【地理(土地の様子)】枯野・水涸る・霜柱・雪野・氷柱・冬の山(川・海etc.)
【動物(動きまわるもの)】
熊(狼・狐・狸・兎)・鷹(鷲・隼・鳶)・狼・梟・水鳥(鴨・千鳥・鳰)・鱈・鰤・河豚・海鼠・牡蠣・綿虫(雪虫)
【植物(根が生えたもの)】冬の梅・臘梅・冬桜・寒椿・山茶花・茶の花・竜の玉・蜜柑・木の葉(枯葉・落葉)・枯木・水仙・千両(万両)・冬菜・白菜・葱・大根・蕪・人参・枯草・返り花
【生活(暮らし)】年用意・飾売・年忘れ・毛布・セーター・冬帽・手袋・マフラー・冬囲・日記買ふ・火事・風邪(咳)・懐手・日向ぼこ・探梅
【行事(儀式)】七五三・柚子湯・クリスマス・豆撒き(追儺)
by bashomeeting | 2018-02-27 17:11 | Comments(0)
  平成28年(2016)4月28日から同年9月8日まで、「姿情を求めて」というタイトルで全7回の教材を掲載した。題目は「1題詠」「2季寄せ」「3○○らしさの創造」「4歳時記と季寄せ」「5歳時記の歳時とは」「6当季雑詠・兼題・席題」「7世界で一番小さな季寄せ(改訂版)」である。その第7回を削除してやや体裁を改め、今春の記事として復活させる。教材としては近い場所にあった方が具合がよいし、引き続き「古典で一番基本的な季寄せ」を示すためである。

□***************************************□

by bashomeeting | 2018-02-27 16:22 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting