海紅山房日誌

kaicoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

この人の一句◆『船団の俳句』本阿弥書店刊

啓蟄やブラジャー買いに銀座まで 三池  泉
生きる途中土筆を摘んでゐる途中 鳥居真里子
青葉風そうだお墓を買うておこ  火箱 ひろ
がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内 稔典
原発に一番近い草の花      藤野 雅彦
人の来て犬の出てゆく花野かな  河野けいこ
秋夜中カレーを混ぜるとき裸   朝倉 晴美

▶▶船団の会編『船団の俳句』(2018年3月30日、本阿弥書店刊)をいただいた。坪内稔典さんの「まえがき」から抽出した帯に〈近年、いろんなところで、「船団の俳句は……である」という言い方に出会う。……に入るのは、軽薄とかむちゃくちゃとか現代的とか。いずれにしても、否定的というか非難のニュアンスがある。もっとも、それは船団的だな、などと言われると少しうれしい。特色が出ている、ということなのだから〉とある。たしかにボクの行き方とは違うけれど、稔典氏の幅の広さと深さを知っているつもりだから、口語とか無季とかについて示唆を得たくて、いつものように読了。この人たちと連句を巻いたらどんなにか愉しいだろうと思った。


************************************

by bashomeeting | 2018-05-04 17:46 | Comments(0)

芭蕉会議、谷地海紅のブログです。但し思索のみちすじを求めるために書き綴られるものであり、必ずしも事実の記録や公表を目的としたものではありません。


by bashomeeting